賃貸or分譲マンション、お得なのはどっち?

賃貸物件の特徴について

賃貸物件と分譲マンションではどちらが得をするかという点についてですが、それぞれのメリットについて比較をしてみましょう。まず、賃貸物件のメリットは、購入する訳ではありませんので、初期費用がほとんどかからないことです。分譲マンションの場合は、かなり初期費用がかかりますが、賃貸マンションの場合には、家賃の5ヶ月分程度を用意しておけば、他にはお金がほとんどかかりません。そういう意味で、入居し易いのです。
また、給湯器が壊れたりした場合は、自分でお金を出す必要がありません。備品については管理会社の方でなんとかしてくれますので、その点については、出費を気にする必要がなくなります。
さらに、固定資産税や都市計画税を払う必要がありません。

分譲マンションについて

分譲マンションがお得という点については、まず、更新料を支払わなくてもいいことです。ローンを組む場合でも大きく金額が変動するわけではありませんので、その分負担が少なくなります。
次に、建物が自分の物になることです。確かに、購入する時の費用はかかりますが、建物は自分達のものになりますので、退去する時に、持ち主に返還をする必要がなく、また売却をすることでお金が戻ってくるのです。地価が上がってれば、その分高く売ることができます。これが分譲マンションで一番お得な部分ではないでしょうか。
最後に、許された範囲内で自由にリフォームをしてもいいことです。マンションのコンクリート躯体の中であれば、自由に手を加えることは可能なのです。