賃貸マンションでペット飼育は可能か?

ペットを飼える賃貸について

賃貸マンションでペットを飼育出来るか否かは、大家の判断によります。大家が良いとすればペット可能の物件となりますが、ペット可能な物件はそうでない物件に比べ2~5割程賃料が高い傾向があります。それに加えて新築でペット可の物件は非常に珍しく、ペット可となると築年数が古い物件が多いです。
たとえペット可となっていても、物件によってはペットの種類が限られている賃貸もあります。例えばペット可だけど小型犬1匹のみ、大人猫は可だけど子猫は不可等、物件を傷める可能性がある大型犬や小型猫は敬遠されがちです。またトイレの躾が出来ない鳥やウサギは籠に入れるなら良いですが、入れない場合は糞の臭いが付くからNGとする物件も多々あります。

ペット飼育は必ず許された場所で!

ペット可の賃貸は賃料が高く築年数は古く、ペットの種類が限られる物件が多いと言うのが現状があります。その為中にはペットを隠してペット不可物件に入居しようとする人がいますが、絶対にバレます。
なぜならペットにはバレない様に静かにすると言う概念が無いので、泣き声や足音で必ず近隣に気づかれ大家に連絡がいきます。ペット不可物件ではペットを飼うのは契約違反なので、強制的退去に加え違約金が発生します。また本来であれば自然経過の汚れは大家負担になりますが、契約違反でペットを飼っていた場合は全額飼い主の負担で部屋の修繕になります。その為莫大なお金を支払っての退去となるので、ペットを飼う時は必ずペット可物件に暮らさないとダメなのです。
*どこの漢字か分かりません。教えていただけますでしょうか?