賃貸マンションのメリット・デメリット

気軽で簡単に利用できる賃貸マンションの利点

賃貸マンションのメリットは、不動産購入の多額な費用負担を負わなくてよい点です。一戸建てやマンションを購入するとなると、多額の資金を用意しなければなりません。多くの場合には、長期の住宅ローンなどを利用して大きな額の資金調達が必要です。一方で賃貸マンションであれば、毎月の賃料支払いだけで気軽に住まいが確保できます。
また住み替えが簡単にできる点も賃貸マンションの魅力です。住みたい場所に気軽に引っ越しできるメリットは大きく、家庭や仕事の都合に合わせて住まいが変えられるのは大変便利な点として挙げられます。その他にも賃貸マンションを借りる場合には、不動産の相場価格の変動による影響を受けにくい点も利点です。

賃貸マンションの不自由に感じるデメリット

賃貸マンションはデメリットな面も持ち合わせています。賃貸でマンションを借りている場合、その物件は賃借人の財産として残りません。また賃貸マンションをリフォームしたい場合に、住人の意志で自由に改修工事ができない点もデメリットの一つです。マンションをリフォームするかの決定権は、賃貸物件の所有者であるオーナーにあります。
加えて賃貸マンションの利用者は、定められたルールに従わなければなりません。例えばペットの飼育が許されていない賃貸マンションでは、ペットを自由に飼うことは難しいです。ルールを変更したい場合には、賃貸マンションのオーナーや他の住人と掛け合って、規則を変えられるかどうかについて話し合いを必要とします。